核酸 - 美容外科用語辞典 意味・解説・美容外科・無料一括相談・美容整形・プチ整形・美容外科・価格・値段・比較


美容外科スクエア「キレイ」「キレイになりたい」人のための美容外科情報サイト
トップページ
はじめての方へ
いますぐ美容外科医院に相談
最新美容外科情報Get!
全国美容外科医院リスト
サイト運営団体
カスタマーホットライン
横浜美容クリニック
船橋中央クリニック
ソフィアクリニック
最終更新日: 2019/6/27
 トップ  >  美容外科スクエア「キレイ」用語辞典  >    >  核酸

核酸 [ Nucleic acid ]


読み方 : かくさん


核酸とは、生存のための遺伝をつかさどるDNA(デオキシボ核酸)とその情報を読み取ってたんぱく質を合成するRNA(リボ核酸)を合わせて呼び、動植物すべての細胞に含まれる有機化合物です。核酸は、細胞の新陳代謝をスムーズにする成分で、細胞の増殖、たんぱく質の合成、細胞の活性化を促進します。DNAの損傷により、がんや糖尿病動脈硬化といった生活習慣病、肌や内臓、血液、脳の老化などがいわれますが、核酸はがん物質や放射性物質から細胞を守ると同時にDNAの損傷を修復する働きがあることも認められています。これらのことから、核酸を継続的に摂取することで、免疫力を高めたり体力の強化、がんや生活習慣病の危険を減少させる、老化のスピードや痴呆の進行を緩やかにする、ニキビなどの皮膚疾患を軽減するなどの効果が得られると考えられています。また、核酸は皮膚に直接塗っても皮膚の再生と老化防止に効果を現すことから錠剤やカプセル剤のほか、日焼け止め化粧品などにも配合されています。核酸の摂取量は決められていませんが、300〜400mg/日を目安とし、コレステロールプリン体が多く含まれている白子などの食べ過ぎには注意しましょう。

美容整形・プチ整形のお悩みなら、美容外科スクエア「キレイ」の無料一括相談。

関連項目
アデニン 遺伝子 ウラシル 核酸 グアニン シトシン チミン デオキシリボ核酸 ヌクレオチド リボ核酸

50音順
   
 
   
α Y V S P M J G D A
β Z W T Q N K H E B
γ   X U R O L I F C
キーワード検索 powered by Google


ホームに戻る

トップページ美容外科医院へ一括相談美容外科診療の流れ美容外科用語集はじめての方へ
サイト運営団体について医院情報を登録するプチ整形の基礎知識二重(ふたえ)まぶた整形の基礎知識
ヒアルロン酸注入の基礎知識
カスタマーホットライン 地域で探す:北海道・東北関東東海・北陸近畿中国・四国九州・沖縄

本システムは利用者と登録企業間の情報を仲介するもので、本システムの利用による事故・損害・紛争等に関しては、
当サイトはいかなる保証・賠償義務 も負いかねますのでご了承ください。 情報は各人の判断・責任においてご利用ください。

Copyright(C) techno graphica design team. All Rights Resurved.