ヒマシ油 - 美容外科用語辞典 意味・解説・美容外科・無料一括相談・美容整形・プチ整形・美容外科・価格・値段・比較


美容外科スクエア「キレイ」「キレイになりたい」人のための美容外科情報サイト
トップページ
はじめての方へ
いますぐ美容外科医院に相談
最新美容外科情報Get!
全国美容外科医院リスト
サイト運営団体
カスタマーホットライン
横浜美容クリニック
船橋中央クリニック
ソフィアクリニック
最終更新日: 2019/1/16
 トップ  >  美容外科スクエア「キレイ」用語辞典  >    >  ヒマシ油

ヒマシ油 [ Caster oil ]


読み方 : ひましゆ


ヒマシ油とは、トウゴマという植物の種子の皮を剥し、機械的に圧搾して得た液状の油脂である。

ヒマシ油は、繊維質が多い殻皮と、油とタンパク質を含む核または内胚乳(ないはいにゅう)と呼ばれる部分とに分けられる。胚乳の含油分は、47〜51%と多い。化粧品素材としてのヒマシ油は、皮膚表面に保護膜を作り、皮膚の乾燥を防ぐエモリエント成分である。ヒマシ油は、リシノレイン酸を非常に多く含んでいるので、粘度が高く、分を引きつける特性がある。口紅や石鹸、ヘアケア製品に使われる。また、速効性下剤として、小腸を刺激し、腸の運動を活発にして排便をうながす。効果の発現は2〜4時間後であるが、妊娠している人は作用が強いため、使わないほうがよい。アロマテラピーオイルのベースとなるキャリアオイルにもよい。ヒマシ油の温湿布は、肝臓の解毒ができるといわれ、民間療法となっている。

美容整形・プチ整形のお悩みなら、美容外科スクエア「キレイ」の無料一括相談。

関連項目
アボガド油 アーモンド油 エゴマ油 オリーブ油 オレンジラフィー油 カカオ脂 キャリアオイル キャロット油 キュウリ油 硬化油 鉱物油 コーン油 ココナッツ油 ゴマ油 小麦胚芽油 サフラワー油 シソ油 ジメチコン 精油 タートル油 ダイズステロール 大豆油 月見草油 ツバキ油 菜種油 ネロリ パーシック油 パーム油 馬油 ハトムギ油 パラフィン ヒマシ油 ヒマワリ油 ブドウ種子油 ヘーゼルナッツ油 ホホバ油 ポリエチレン マカダミアナッツ油 ミツロウ メドウフォーム油 綿実油 モリンガ油 落花生油 卵黄油 ローズヒップ油 ワセリン

50音順
   
 
   
α Y V S P M J G D A
β Z W T Q N K H E B
γ   X U R O L I F C
キーワード検索 powered by Google


ホームに戻る

トップページ美容外科医院へ一括相談美容外科診療の流れ美容外科用語集はじめての方へ
サイト運営団体について医院情報を登録するプチ整形の基礎知識二重(ふたえ)まぶた整形の基礎知識
ヒアルロン酸注入の基礎知識
カスタマーホットライン 地域で探す:北海道・東北関東東海・北陸近畿中国・四国九州・沖縄

本システムは利用者と登録企業間の情報を仲介するもので、本システムの利用による事故・損害・紛争等に関しては、
当サイトはいかなる保証・賠償義務 も負いかねますのでご了承ください。 情報は各人の判断・責任においてご利用ください。

Copyright(C) techno graphica design team. All Rights Resurved.