クエン酸 - 美容外科用語辞典 意味・解説・美容外科・無料一括相談・美容整形・プチ整形・美容外科・価格・値段・比較


美容外科スクエア「キレイ」「キレイになりたい」人のための美容外科情報サイト
トップページ
はじめての方へ
いますぐ美容外科医院に相談
最新美容外科情報Get!
全国美容外科医院リスト
サイト運営団体
カスタマーホットライン
横浜美容クリニック
船橋中央クリニック
ソフィアクリニック
最終更新日: 2019/1/17
 トップ  >  美容外科スクエア「キレイ」用語辞典  >    >  クエン酸

クエン酸 [ Citric acid ]


読み方 : くえんさん


クエン酸とは、梅干やレモンなどの柑橘類に多く含まれる有機化合物で、酸味のある無色または白色の結晶性の粉末。

クエン酸とは、1784年にレモンの果汁から発見された酸で、殺菌効果が期待され、体内ではエネルギー代謝を活性化する効果も期待できる。クエン酸は、体内に吸収されるとブドウ糖に変わる。ブドウ糖が細胞内で燃やされてエネルギーとなるときに生じる燃えカス(焦性ブドウ糖)は、筋肉に蓄積されると一部が疲労物質である乳酸に変化するが、クエン酸は焦性ブドウ糖を分解して乳酸の生成を抑える働きをもっている。これにより、疲労物質が体内にたまりにくくなり、疲労回復を促す。また、血液がアルカリ性となり、痛風の原因物質である尿酸を溶かし、カルシウム鉄分などのミネラルに溶けやすくし、吸収率をアップする「キレート作用」などが確認されている。クエン酸は、サプリメントや食品添加物として、清涼飲料を始めとして多くの加工食品に添加されている。また、クエン酸にはリン効果やスキンケア効果があることが知られている。

美容整形・プチ整形のお悩みなら、美容外科スクエア「キレイ」の無料一括相談。

関連項目
アクリル酸 アスコルビン酸 アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ アスピリン アラキドン酸 アルファヒドロキシン酸 安息香酸 安息香酸Na イコサペンタエン酸 イソステアリン酸 一価不飽和脂肪酸 エイコサペンタエン酸 エデト酸 エラグ酸 エリソルビン酸 塩酸ジフェンヒドラミン オレイン酸 共役リノール酸 クエン酸 グリコール酸 グリセリン脂肪酸エステル グリチルリチン酸 グリチルレチン酸 グリチルレチン酸ステアリル グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ クロロゲン酸 コウジ酸 コハク酸 酢酸エチル 酢酸ブチル サリチル酸 脂肪酸 酒石酸 ステアリン酸 ステアリン酸グリセリル ソルビン酸 多価不飽和脂肪酸 胆汁酸 テトラヘキシルデカン酸アスコルビル ドコサヘキサエン酸 トランス脂肪酸 トレチノイン ニコチン酸トコフェロール 乳酸 乳酸カルシウム パーレイン パラオキシ安息香酸ブチル パラベン パルミチン酸 ヒアルロン酸 ヒアルロン酸Na ヒドロキシクエン酸 フィチン酸 不飽和脂肪酸 飽和脂肪酸 木酢液 葉酸 リノール酸 リパーゼ リンゴ酸 レスチレン レチノイン酸 AHA ARA BHA DHA DNA EPA GABA GOT n-3系脂肪酸 n-6系脂肪酸 SUB-Q α-リノレン酸 α-リポ酸 γ-リノレン酸

50音順
   
 
   
α Y V S P M J G D A
β Z W T Q N K H E B
γ   X U R O L I F C
キーワード検索 powered by Google


ホームに戻る

トップページ美容外科医院へ一括相談美容外科診療の流れ美容外科用語集はじめての方へ
サイト運営団体について医院情報を登録するプチ整形の基礎知識二重(ふたえ)まぶた整形の基礎知識
ヒアルロン酸注入の基礎知識
カスタマーホットライン 地域で探す:北海道・東北関東東海・北陸近畿中国・四国九州・沖縄

本システムは利用者と登録企業間の情報を仲介するもので、本システムの利用による事故・損害・紛争等に関しては、
当サイトはいかなる保証・賠償義務 も負いかねますのでご了承ください。 情報は各人の判断・責任においてご利用ください。

Copyright(C) techno graphica design team. All Rights Resurved.