鉄分 - 美容外科用語辞典 意味・解説・美容外科・無料一括相談・美容整形・プチ整形・美容外科・価格・値段・比較


美容外科スクエア「キレイ」「キレイになりたい」人のための美容外科情報サイト
トップページ
はじめての方へ
いますぐ美容外科医院に相談
最新美容外科情報Get!
全国美容外科医院リスト
サイト運営団体
カスタマーホットライン
横浜美容クリニック
船橋中央クリニック
ソフィアクリニック
最終更新日: 2019/3/24
 トップ  >  美容外科スクエア「キレイ」用語辞典  >    >  鉄分

鉄分 [ Iron ]


読み方 : てつぶん


鉄分とは、赤血球中のヘモグロビン成分で、各細胞へ酸素を運ぶ働きをしている。また、成長促進や免疫力増進に関わり、酸素の活性化、栄養素の燃焼にも関係している。

鉄分は、吸収率が低くいため不足しがちなミネラルで、食品に含まれる鉄分には、「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」の2種類がある。 魚や肉に含まれる鉄分がヘム鉄、野菜や穀類に含まれる鉄分が非ヘム鉄。ヘム鉄は非ヘム鉄に比べて、数倍も腸での吸収がよい(非ヘム鉄の吸収率は5%、ヘム鉄は20〜30%程)ので、脱貧血には、ヘム鉄を十分にとる必要がある。さらに、ビタミンCと一緒に摂るとさらに吸収率が上がる。鉄分は赤血球ヘモグロビン筋肉のミオグロビン、肝臓に多く含まれているが、鉄分が不足すると、鉄欠乏性貧血、めまい、疲労、免疫低下、集中力低下、下痢や便秘などの症状が現れるほか、乳児の場合は発育が遅れることもある。一時的に摂取しても、血中の鉄分は増えるが、貧血の根本的な回復にはならないので、長期間摂取し、体の中に常に貯蓄されている状態にするのが良い。一日当たりの目安は男性10mg、女性12mgとされている。

美容整形・プチ整形のお悩みなら、美容外科スクエア「キレイ」の無料一括相談。

関連項目
亜鉛 一重項酸素 栄養機能食品 栄養素 塩化マグネシウム 塩素 活性酸素 カリウム カルシウム クロム コバルト サプリメント 三大栄養素 鉄分 ナトリウム ニトログリセリン 必須栄養素 必須脂肪酸 必須ミネラル 微量元素 マグネシウム マンガン ミネラル モリブデン 有害金属 ヨウ素 リン

50音順
   
 
   
α Y V S P M J G D A
β Z W T Q N K H E B
γ   X U R O L I F C
キーワード検索 powered by Google


ホームに戻る

トップページ美容外科医院へ一括相談美容外科診療の流れ美容外科用語集はじめての方へ
サイト運営団体について医院情報を登録するプチ整形の基礎知識二重(ふたえ)まぶた整形の基礎知識
ヒアルロン酸注入の基礎知識
カスタマーホットライン 地域で探す:北海道・東北関東東海・北陸近畿中国・四国九州・沖縄

本システムは利用者と登録企業間の情報を仲介するもので、本システムの利用による事故・損害・紛争等に関しては、
当サイトはいかなる保証・賠償義務 も負いかねますのでご了承ください。 情報は各人の判断・責任においてご利用ください。

Copyright(C) techno graphica design team. All Rights Resurved.