カルシウム - 美容外科用語辞典 意味・解説・美容外科・無料一括相談・美容整形・プチ整形・美容外科・価格・値段・比較


美容外科スクエア「キレイ」「キレイになりたい」人のための美容外科情報サイト
トップページ
はじめての方へ
いますぐ美容外科医院に相談
最新美容外科情報Get!
全国美容外科医院リスト
サイト運営団体
カスタマーホットライン
横浜美容クリニック
船橋中央クリニック
ソフィアクリニック
最終更新日: 2019/6/18
 トップ  >  美容外科スクエア「キレイ」用語辞典  >    >  カルシウム

カルシウム [ Calcium ]


読み方 : かるしうむ


カルシウムとは、五大栄養素ミネラルの一つ。元素記号はCa。

カルシウムは、骨や歯などの硬性組織を形成し、筋肉の伸縮をコントロールし刺激に対する神経の感受性を鎮めたり、過剰なアレルギー反応を抑える働きがある。また、不眠症を和らげたり、鉄分の吸収を助ける効果もある。カルシウムは人体1.5〜2%を占める。カルシウムの99%は骨や歯などの硬性組織に蓄積されている(貯蔵カルシウム)が、残りの1%は血液中にある(機能カルシウム)。血液中のカルシウムが不足すると、血行や血液の状態が悪くなり、高血圧動脈硬化を引き起こしたり、心臓の筋肉の収縮異常による心筋梗塞の原因となる。近年の食生活では、カルシウムが不足しがちで、骨や歯がもろくなり、ひいては腰痛や肩こりを慢性化させてしまっている。特に閉経後の女性は骨粗しょう症骨軟化症にかかることが多い。また、月経痛に悩まされている人は、カルシウムの摂取量を増やすことによって、症状が和らぐ場合が多い。加工食品に多く含まれるリン酸塩によってカルシウムが消費されてしまって、不足してしまうこともある。カルシウムは、乳製品・小魚・小松菜・ゴマ・ひじき・昆布などに多く含まれており、カルシウムが充分に吸収されるためには、ビタミンDマグネシウムタンパク質と一緒に摂取すると良い。成人1日当たりの摂取量の目安は、600〜800mg。

美容整形・プチ整形のお悩みなら、美容外科スクエア「キレイ」の無料一括相談。

関連項目
亜鉛 一重項酸素 栄養機能食品 栄養素 塩化マグネシウム 塩素 活性酸素 カリウム カルシウム クロム コバルト サプリメント 三大栄養素 鉄分 ナトリウム ニトログリセリン 必須栄養素 必須脂肪酸 必須ミネラル 微量元素 マグネシウム マンガン ミネラル モリブデン 有害金属 ヨウ素 リン

50音順
   
 
   
α Y V S P M J G D A
β Z W T Q N K H E B
γ   X U R O L I F C
キーワード検索 powered by Google


ホームに戻る

トップページ美容外科医院へ一括相談美容外科診療の流れ美容外科用語集はじめての方へ
サイト運営団体について医院情報を登録するプチ整形の基礎知識二重(ふたえ)まぶた整形の基礎知識
ヒアルロン酸注入の基礎知識
カスタマーホットライン 地域で探す:北海道・東北関東東海・北陸近畿中国・四国九州・沖縄

本システムは利用者と登録企業間の情報を仲介するもので、本システムの利用による事故・損害・紛争等に関しては、
当サイトはいかなる保証・賠償義務 も負いかねますのでご了承ください。 情報は各人の判断・責任においてご利用ください。

Copyright(C) techno graphica design team. All Rights Resurved.