ビタミンC - 美容外科用語辞典 意味・解説・美容外科・無料一括相談・美容整形・プチ整形・美容外科・価格・値段・比較


美容外科スクエア「キレイ」「キレイになりたい」人のための美容外科情報サイト
トップページ
はじめての方へ
いますぐ美容外科医院に相談
最新美容外科情報Get!
全国美容外科医院リスト
サイト運営団体
カスタマーホットライン
横浜美容クリニック
船橋中央クリニック
ソフィアクリニック
最終更新日: 2019/6/25
 トップ  >  美容外科スクエア「キレイ」用語辞典  >    >  ビタミンC

ビタミンC [ Vitamin C ]


読み方 : びたみんしー


ビタミンCとは、コラーゲンの生成に不可欠な水溶性ビタミン。化学的にはアスコルビン酸のL体のみを指す。

人やモルモットなどの一部の霊長類を除く動物は、アスコルビン酸を体内で合成できるが、人は体内で合成できないため必要量を食事などの外部から摂取する必要がある。ビタミンCは、アミノ酸の生合成に利用される他、ストレス緩和のために副腎からアドレナリンを分泌、脂肪酸ミトコンドリアに運ぶための担体であるL-カルニチンの合成など、体内で進行する酸化反応に重要な役割を果たす。ビタミンCは、ビタミンEと協力して肌の張りを保つコラーゲンの合成を助け、血管や骨、皮膚、粘膜などを強くする。肌の張り、しみしわそばかすの原因となるメラニン色素の合成を抑える。その他、ウィルスや細菌に対する抵抗力を高め、カゼや感染症を予防する、ストレスを和らげる、血中コレステロールを下げる、発ガン物質の生成を抑える、鉄分の吸収を助ける、コラーゲンの生成などの働きがある。水溶性ビタミンなので体内に取り込まれた不必要な分は、尿から排泄されるため摂りすぎの心配はない。排泄過程で腸内細菌を活性化させながら排泄されていくため、たくさんとったビタミンCが無駄になることはない。ビタミンCは、2〜3時間で体外に排泄されてしまうため、1度に多くを摂るのではなくこまめに分けて摂った方がよい。なお、喫煙者はタバコの有害物質を解毒する際、タバコ1本につきビタミンCが25mg損失されるといわれているので、より多く摂取した方がよい。

美容整形・プチ整形のお悩みなら、美容外科スクエア「キレイ」の無料一括相談。

関連項目
イノシトール カルミン コエンザイムQ10 脂溶性ビタミン 水溶性ビタミン チアミン トレイチノン ナイアシン パンテノール パントテン酸 ビオチン ビタミン ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンB3 ビタミンB6 ビタミンB12 ビタミンB群 ビタミンC ビタミンC誘導体 ビタミンD ビタミンD過剰症 ビタミンE ビタミンH ビタミンK ビタミンP ビタミンU ピリドキシン プロビタミンC メチルメチオニン リン酸アスコルビルMg ルチン β-カロチン

50音順
   
 
   
α Y V S P M J G D A
β Z W T Q N K H E B
γ   X U R O L I F C
キーワード検索 powered by Google


ホームに戻る

トップページ美容外科医院へ一括相談美容外科診療の流れ美容外科用語集はじめての方へ
サイト運営団体について医院情報を登録するプチ整形の基礎知識二重(ふたえ)まぶた整形の基礎知識
ヒアルロン酸注入の基礎知識
カスタマーホットライン 地域で探す:北海道・東北関東東海・北陸近畿中国・四国九州・沖縄

本システムは利用者と登録企業間の情報を仲介するもので、本システムの利用による事故・損害・紛争等に関しては、
当サイトはいかなる保証・賠償義務 も負いかねますのでご了承ください。 情報は各人の判断・責任においてご利用ください。

Copyright(C) techno graphica design team. All Rights Resurved.