ビタミンC誘導体 - 美容外科用語辞典 意味・解説・美容外科・無料一括相談・美容整形・プチ整形・美容外科・価格・値段・比較


美容外科スクエア「キレイ」「キレイになりたい」人のための美容外科情報サイト
トップページ
はじめての方へ
いますぐ美容外科医院に相談
最新美容外科情報Get!
全国美容外科医院リスト
サイト運営団体
カスタマーホットライン
横浜美容クリニック
船橋中央クリニック
ソフィアクリニック
最終更新日: 2019/6/26
 トップ  >  美容外科スクエア「キレイ」用語辞典  >    >  ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体 [ Vitamin C derivative ]


読み方 : びたみんしーゆうどうたい


ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを改良し、熱や空気、分に対して酸化しにくく、肌なじみがよく、角質層を通過しやすくした美白成分をいう。

ビタミンCは美白効果の非常に高い物質として既に定着しているが、酸化しやすく肌への浸透性の低さが問題とされていた。ビタミンC誘導体は、これらの作用を改善し、酸化しにくく、さらに肌への浸透率を高め、より長く皮膚内にとどまるように改良されている。ビタミンC誘導体は、皮膚の内部でメラニン色素が新たに生産されるのを抑えるだけでなく、既に定着した色素も分解する作用が期待できるため、美白効果のみならず、色素の定着によってできてしまったにきび痕にも効果があるとされています。また、コラーゲンの生成を助けるため、にきび痕の凹凸にもよいとされ、保湿を促します。にきびにきび痕のほかに小じわやたるみの防止にも用いられ、美容外科、美容皮膚科の肌質改善治療に使用・処方される。ビタミンC誘導体には、ローションタイプの溶性とジェルまたはクリーム状の油溶性の2種類があり、肌への浸透力と持続効果は油溶性の方が高い。

美容整形・プチ整形のお悩みなら、美容外科スクエア「キレイ」の無料一括相談。

関連項目
イノシトール カルミン コエンザイムQ10 脂溶性ビタミン 水溶性ビタミン チアミン トレイチノン ナイアシン パンテノール パントテン酸 ビオチン ビタミン ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンB3 ビタミンB6 ビタミンB12 ビタミンB群 ビタミンC ビタミンC誘導体 ビタミンD ビタミンD過剰症 ビタミンE ビタミンH ビタミンK ビタミンP ビタミンU ピリドキシン プロビタミンC メチルメチオニン リン酸アスコルビルMg ルチン β-カロチン

50音順
   
 
   
α Y V S P M J G D A
β Z W T Q N K H E B
γ   X U R O L I F C
キーワード検索 powered by Google


ホームに戻る

トップページ美容外科医院へ一括相談美容外科診療の流れ美容外科用語集はじめての方へ
サイト運営団体について医院情報を登録するプチ整形の基礎知識二重(ふたえ)まぶた整形の基礎知識
ヒアルロン酸注入の基礎知識
カスタマーホットライン 地域で探す:北海道・東北関東東海・北陸近畿中国・四国九州・沖縄

本システムは利用者と登録企業間の情報を仲介するもので、本システムの利用による事故・損害・紛争等に関しては、
当サイトはいかなる保証・賠償義務 も負いかねますのでご了承ください。 情報は各人の判断・責任においてご利用ください。

Copyright(C) techno graphica design team. All Rights Resurved.