ビタミンB6 - 美容外科用語辞典 意味・解説・美容外科・無料一括相談・美容整形・プチ整形・美容外科・価格・値段・比較


美容外科スクエア「キレイ」「キレイになりたい」人のための美容外科情報サイト
トップページ
はじめての方へ
いますぐ美容外科医院に相談
最新美容外科情報Get!
全国美容外科医院リスト
サイト運営団体
カスタマーホットライン
横浜美容クリニック
船橋中央クリニック
ソフィアクリニック
最終更新日: 2019/6/16
 トップ  >  美容外科スクエア「キレイ」用語辞典  >    >  ビタミンB6

ビタミンB6 [ Vitamin B6 ]


読み方 : びたみんびーろく


ビタミンB6とは、アミノ酸代謝に必須の水溶性ビタミンであり、タンパク質脂質の吸収を助け、免疫を強化する。別名、ピリドキシンとも呼ばれる。

ビタミンB6は、タンパク質合成の際、アミノ酸配列作り変えの補酵素としての働く。タンパク質の摂取量が多いと体内でビタミンB6の必要量も高まる。ビタミンB6が不足するとタンパク質が十分に再合成できなくなり、体の組織の形成、維持に悪影響を及ぼす。また、ビタミンB6は女性ホルモンとの関わりが深く、不足すると妊娠中のつわりがひどくなったり、生理前に体調が悪くなる月経前症候群が起りやすくなる。特にピル服用時は多めに摂取した方がよい。逆に過剰に摂るのは、インスリンの必要量を減らすため、低血糖になりやすい。ビタミンB6は、核酸の正常な合成を助けるアンチエイジング成分である。ビタミンB6は、脳の神経間伝達物質であるGABAの合成に重要であり、ビタミンB1ビタミンB2と同量及びビタミンB12を一緒に摂取するのがよいとされる。ビタミンB6は、酸素を体内に供給する赤血球の合成にも関わる為、ビタミンB6を摂る際には鉄分も一緒に採るとよい。その他ビタミンB6は、脂肪代謝免疫タンパクの合成、神経伝達物質の合成にも関わっており、アトピー皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状改善のために必要なビタミンでもある。ビタミンB6は通常の食事をしていれば不足することはないが、抗生剤などの使用で欠乏症になることもある。

美容整形・プチ整形のお悩みなら、美容外科スクエア「キレイ」の無料一括相談。

関連項目
イノシトール カルミン コエンザイムQ10 脂溶性ビタミン 水溶性ビタミン チアミン トレイチノン ナイアシン パンテノール パントテン酸 ビオチン ビタミン ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンB3 ビタミンB6 ビタミンB12 ビタミンB群 ビタミンC ビタミンC誘導体 ビタミンD ビタミンD過剰症 ビタミンE ビタミンH ビタミンK ビタミンP ビタミンU ピリドキシン プロビタミンC メチルメチオニン リン酸アスコルビルMg ルチン β-カロチン

50音順
   
 
   
α Y V S P M J G D A
β Z W T Q N K H E B
γ   X U R O L I F C
キーワード検索 powered by Google


ホームに戻る

トップページ美容外科医院へ一括相談美容外科診療の流れ美容外科用語集はじめての方へ
サイト運営団体について医院情報を登録するプチ整形の基礎知識二重(ふたえ)まぶた整形の基礎知識
ヒアルロン酸注入の基礎知識
カスタマーホットライン 地域で探す:北海道・東北関東東海・北陸近畿中国・四国九州・沖縄

本システムは利用者と登録企業間の情報を仲介するもので、本システムの利用による事故・損害・紛争等に関しては、
当サイトはいかなる保証・賠償義務 も負いかねますのでご了承ください。 情報は各人の判断・責任においてご利用ください。

Copyright(C) techno graphica design team. All Rights Resurved.