カルニチン - 美容外科用語辞典 意味・解説・美容外科・無料一括相談・美容整形・プチ整形・美容外科・価格・値段・比較


美容外科スクエア「キレイ」「キレイになりたい」人のための美容外科情報サイト
トップページ
はじめての方へ
いますぐ美容外科医院に相談
最新美容外科情報Get!
全国美容外科医院リスト
サイト運営団体
カスタマーホットライン
横浜美容クリニック
船橋中央クリニック
ソフィアクリニック
最終更新日: 2019/3/24
 トップ  >  美容外科スクエア「キレイ」用語辞典  >    >  カルニチン

カルニチン [ Carnitine ]


読み方 : かるにちん


カルニチンとは、脂肪燃焼には不可欠な物質で、肝臓・腎臓で必須アミノ酸であるリジンとメチオニンから合成されるアミノ酸の一種。

カルニチンは、L-カルニチン、D-カルニチン、DL-カルニチンに分けられるが、通常はL-カルニチンのことを指す。カルニチンは、そのほとんどが骨格筋心筋に蓄えられており、脂肪(遊離脂肪酸)を筋肉に運び、燃焼させる役割を担っている。カルニチンの量が豊富であれば、心臓の機能も向上することから、実際に医療現場でも用いられている。カルニチンを摂ると、中性脂肪脂肪酸の燃焼が促進され、体脂肪がたまりにくくなり、コレステロールの増加を抑える。カルニチンは、肝臓や腎臓などで作られるため不足することはほとんど無いが、ベジタリアンや女性、太めの人は不足がちになることもある。また、20代をピークに加齢とともに体内での生産量が減り中高年では半減する。このため中年以降に太りやすくなる原因の一つが、カルチニン不足ではないかとも言われている。カルニチンは、ヤギや羊、牛肉の赤身に多く含まれているが、熱に弱い特徴がある。また、脂肪燃焼系のサプリメントとして摂取されることも多い。

美容整形・プチ整形のお悩みなら、美容外科スクエア「キレイ」の無料一括相談。

関連項目
アクアポリン アスパラギン酸 アミノ酸 アミノ酸スコア アミロイド アミロイドβペプチド アラニン アラニン・アミノトランスフェラーゼ アルギニン アルジルリン イソロイシン インターフェロン インターロイキン-6 ウイルス・マーカー エリスロポエチン カイロミクロン カルニチン グルタチオン グルタミン グルタミン酸 グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ クレアチン ケラチン 抗核抗体 抗ストレプトリジンO抗体価 システイン シトルリン 腫瘍壊死因子 スレオニン セリン セロトニン タウリン タンパク質 チロシン 糖タンパク トレオニン 必須アミノ酸 プロテイン プロリン 分岐鎖アミノ酸 メチオニン ラミニン リシン リポタンパク質 ALT ANA ASLO BCAA CEA CPP HCA IL-6 L-カルニチン L-シトルリン L-チロシン TNF-α γ-アミノ洛酸

50音順
   
 
   
α Y V S P M J G D A
β Z W T Q N K H E B
γ   X U R O L I F C
キーワード検索 powered by Google


ホームに戻る

トップページ美容外科医院へ一括相談美容外科診療の流れ美容外科用語集はじめての方へ
サイト運営団体について医院情報を登録するプチ整形の基礎知識二重(ふたえ)まぶた整形の基礎知識
ヒアルロン酸注入の基礎知識
カスタマーホットライン 地域で探す:北海道・東北関東東海・北陸近畿中国・四国九州・沖縄

本システムは利用者と登録企業間の情報を仲介するもので、本システムの利用による事故・損害・紛争等に関しては、
当サイトはいかなる保証・賠償義務 も負いかねますのでご了承ください。 情報は各人の判断・責任においてご利用ください。

Copyright(C) techno graphica design team. All Rights Resurved.