アスパラギン酸 - 美容外科用語辞典 意味・解説・美容外科・無料一括相談・美容整形・プチ整形・美容外科・価格・値段・比較


美容外科スクエア「キレイ」「キレイになりたい」人のための美容外科情報サイト
トップページ
はじめての方へ
いますぐ美容外科医院に相談
最新美容外科情報Get!
全国美容外科医院リスト
サイト運営団体
カスタマーホットライン
横浜美容クリニック
船橋中央クリニック
ソフィアクリニック
最終更新日: 2019/6/16
 トップ  >  美容外科スクエア「キレイ」用語辞典  >    >  アスパラギン酸

アスパラギン酸 [ Aspartic acid ]


読み方 : あすぱらぎんさん


アスパラギン酸とは、非必須アミノ酸の一種。アスパラガスから発見されたのがその名の由来。

アスパラギン酸は、体内の老廃物の処理、肝機能の促進、疲労回復などの作用があり、皮膚に対しては、代謝を活性化させる作用があると言われている。疲労がたまると、元気を維持するための大切な栄養素であるカリウムマグネシウムを補給しなければならないが、そのような生体内の代謝時にアスパラギン酸は、これらと結びついて細胞内へ取り込まれる。アスパラギン酸の働きによってそれらの吸収をよくし、細胞内でのバランスを正常に戻し、素早い疲労回復へと繋がります。アスパラギン酸を多く含む食品として、豆類、特に発芽しかけた豆類(もやしなど)、砂糖大根、サトウキビ、アスパラガス、肉類がある。アスパラギン酸は、主に医薬品(内服用)に使用されるが、化粧品にも使用されている。

美容整形・プチ整形のお悩みなら、美容外科スクエア「キレイ」の無料一括相談。

関連項目
アクアポリン アスパラギン酸 アミノ酸 アミノ酸スコア アミロイド アミロイドβペプチド アラニン アラニン・アミノトランスフェラーゼ アルギニン アルジルリン イソロイシン インターフェロン インターロイキン-6 ウイルス・マーカー エリスロポエチン カイロミクロン カルニチン グルタチオン グルタミン グルタミン酸 グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ クレアチン ケラチン 抗核抗体 抗ストレプトリジンO抗体価 システイン シトルリン 腫瘍壊死因子 スレオニン セリン セロトニン タウリン タンパク質 チロシン 糖タンパク トレオニン 必須アミノ酸 プロテイン プロリン 分岐鎖アミノ酸 メチオニン ラミニン リシン リポタンパク質 ALT ANA ASLO BCAA CEA CPP HCA IL-6 L-カルニチン L-シトルリン L-チロシン TNF-α γ-アミノ洛酸

50音順
   
 
   
α Y V S P M J G D A
β Z W T Q N K H E B
γ   X U R O L I F C
キーワード検索 powered by Google


ホームに戻る

トップページ美容外科医院へ一括相談美容外科診療の流れ美容外科用語集はじめての方へ
サイト運営団体について医院情報を登録するプチ整形の基礎知識二重(ふたえ)まぶた整形の基礎知識
ヒアルロン酸注入の基礎知識
カスタマーホットライン 地域で探す:北海道・東北関東東海・北陸近畿中国・四国九州・沖縄

本システムは利用者と登録企業間の情報を仲介するもので、本システムの利用による事故・損害・紛争等に関しては、
当サイトはいかなる保証・賠償義務 も負いかねますのでご了承ください。 情報は各人の判断・責任においてご利用ください。

Copyright(C) techno graphica design team. All Rights Resurved.